ショッピングカート

製品 数量 価格 小計
カート小計
Americas

Asia Pacific

Europe

Middle East and Africa

Plantronics Bluetooth®ヘッドセットの電池

お使いのPlantronics Bluetoothヘッドセットには、ワイヤレス転送、オーディオ機能、およびインジケーターライトに給電するために、リチウムイオン電池(電池と呼びます)が1個内蔵されています。

リチウムイオンを使用する理由

リチウムイオン電池は高いエネルギー密度を持っています。つまり、リチウムイオン電池は他の電池技術と同じ充電容量でありながら、より小型で軽量なのです。この特徴は、小型のBluetoothヘッドセットの装着感を維持するのに重要です。リチウムイオン電池は、他のタイプの充電式電池より保管期間と耐用年数が長く、何回も放電/充電が可能です。

連続通話時間と連続待受時間

連続通話時間は、電池を使い切るまでにヘッドセットで通話できる時間の推計値です。連続待受時間は、電池を使い切るまでにヘッドセットを使用できる(場合によってはホストデバイスにプレゼンス状態を知らせることができる)時間です。個々の使用では、通話時や待受時のこれら2つの動作が組み合わされているので、時間は変わる可能性があります。

充電

Bluetoothヘッドセットの充電回路では、電池寿命を伸ばすために、80%の容量までは電池を急速に充電し、その後徐々にフルになるまで充電します。完全に充電するまでが1つのサイクルです。電池の容量は、充電サイクルを繰り返すと徐々に減少しますが、充電サイクルがある一定の回数を超えると、最低75%の容量は維持されます。電池は何回でも充電できますが、部分的な充電サイクルは加算されます。たとえば、25%の電池容量での4回の充電サイクルは、1回の完全な充電サイクルに相当します。ホストのUSBポートから再充電する場合、ノートPCなどのホストデバイスの電源がオンになっていることを確認してください。

充電ケースが付属しているヘッドセットの連続通話時間をなるべく長くするためのヒント

たとえば、Bluetoothヘッドセットのバッテリー容量は通常の使用パターンで約5時間で、充電ケースの電池の容量はヘッドセットの電池の2倍(連続通話時間で約10時間)だとしましょう。次の方法により、連続通話時間を1日に最大約15時間まで増やすことができます。通話が終了するたびにヘッドセットを充電ケースに戻します。こうすることで、充電ケースの電池容量をヘッドセットの電池に補充して充電ケースの電池を使用すると同時に、ヘッドセットの電池を充電し続けることができます。一日の終わりに充電器をヘッドセットを入れた充電ケースに接続して、翌日、ヘッドセットと充電ケースの両方の電池がフル充電されて始められるようにします。この方法では、日中、充電器を持ち運ぶ必要がなくなります。

バッテリーの持続時間を最大限にする

ヘッドセットはx~y℉(a~b℃)の範囲の温度で動作するように設計されています。ヘッドセットがこれより高い温度にさらされると、電池が破損する可能性があります。このような温度で電池を充電したり保管したりすると、フル充電の電池容量は恒久的に減ります。極端に寒い場所も避けてください。ただし、一般的には低い温度から通常の温度に戻すと、電池の性能は元に戻ります。