Plantronics + Polycom。両社は1つに: ロゴ

ショッピングカート

製品 数量 価格 小計
カート小計

モビリティ対応の製品

モビリティ対応の製品


オフィス外で働く場合でも、スケジュールに追われていることには変わりありません。生産的であるためには、どのようなときに最も効率的に業務が行われるかを理解する洞察と、それを実現するための訓練が必要です。以下に、有効な7つの行動を挙げます。

file

                                                                                                                                                

1

チームの生産性を維持する

リモートワークの課題の1つは、実際には職場にいないのに出勤している状態にあることです。マネージャーは、定期的に連絡を取り、指針を示したり、重要な監督を行う必要があります。チームのメンバーは、プロジェクトを確実に順調に進めるため、同僚や主要な関係者とともに定期的なプロジェクトチェックインを予定する必要があります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

                                                                                                                                                

2

メッセージに適したメディアを選択する

緊急度や重要度に応じて、異なる通信モードを選択する必要があります。緊急を要しない通信には電子メールが最適ですが、回答をすぐに簡単に得る方法としてはチャットが有効です。リモートチームとやりとりには音声/ビデオ会議が効果的なツールです。

file

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

file

                                                                                                                                                

3

目標を策定し、測定する

柔軟な働き方が成功するかどうかは、成果に基づいた測定ツールにかかっています。目標は、明確に識別され、適切な「所有者」に割り当てられる必要があります。定期的なチェックインは、チームマネージャーが進行状況を監視し、優先順位を決定するために役立ちます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

4

声を磨く

声が主な接続モードである場合には、効果的に使用することが重要です。

file

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

file

                                                                                                                                                

5

成功を実現できる服装をする

プロとしてふさわしい服装であれば、プロ意識が増し、プロとして認められやすくなります。在宅勤務の場合でも、オフィスに通勤しているかのように仕事に備えることで、ビジネスの心構えができます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

                                                                                                                                                

6

休憩を取る

朝起きてから寝るまでの間、不休で働くことができますが、そういうことはすべきではありません。短い休憩を定期的に取れば、活力を取り戻し、集中力を高めることができます。

file

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

file

                                                                                                                                                

7

柔軟に対応する

移動中の仕事の環境は、文字通りの意味でも、比喩的な意味でも、絶えず移り変わります。生産性を維持するには、それぞれの状況に合わせる準備をしておきます。流動的な状況にも快適に対応することを学びましょう。