ショッピングカート

製品 数量 価格 小計
カート小計

Smarter Working

職場におけるエンゲージメント、生産性、満足度の向上を図る。Smarter Workingは、人、場所、テクノロジーが今日の職場環境で果たす役割を理解し、新しい時代に対応する準備をしようという取り組みです。

人、場所、テクノロジーの力を最大限に引き出す

Smarter Workingは、時間や場所にとらわれないさまざまなワークスタイルを認め、受け入れ、促進することで、人を最優先とするカルチャーを推進する取り組みです。このような柔軟なワークスタイルが可能な職場を作り出し、あるいは選択することで、モチベーションを高め、業績の向上を図ります。また、テクノロジーをうまく利用し、従業員のニーズにシームレスに対応します。つまり、信頼関係と忠誠心、自主性と協調性を育み、その結果として生産性の向上を実現するカルチャーを構築するということです。

Smarter Workingを導入した組織は、収益力と潜在能力を最大限引き出すことができます。ビジネスプロセスの改善、効率化が可能になり、より有意義なアイディアが生まれる可能性もあります。より良い環境で働くことができることで、従業員の満足度は高まります。IT部門では、従業員のニーズを満たし、コスト削減を実現するテクノロジーにより、業務が効率化されます。人事部は、優秀な人材を雇用して確保する立場に立てることを喜びます。

事業の規模に関係なく、Smarter Workingをどのように、どのタイミングで、どの場所に導入するかを検討することは、業績を向上させ、新しい職場環境の需要に対応する上で役立ちます。

Smarter Workingの採用

Smarter Workingを実践的に取り入れている企業では、従業員の柔軟性を実現しています。 

インフォグラフィックをダウンロード


Smarter Workingを支える柱