ショッピングカート

製品 数量 価格 小計
カート小計
Americas

Asia Pacific

Europe

Middle East and Africa

テクノロジー

従業員のニーズにシームレスに連携したソリューションを活用。

目的を一つに絞ったテクノロジー:より人間らしい働き方

本来、テクノロジーは、私達に力を与えるものであり、妨げになるものではありません。しかし、残念なことに、テクノロジーが妨げになることは決して珍しくありません。たとえば、電話対応に追われる遠隔地の従業員、通話の中断と再開、どこからとも聞こえる不快な雑音など。いずれも効率の低下につながり、時間の無駄になるだけでなく、ストレスの原因となりコストを増大させます。Smarter Workingのアプローチを導入すると、システムが人の働き方と一体化し、生産性が向上します。

今日、従業員の働き方においてテクノロジーが果たす役割は、人間の都合を優先した適応性の高いツールにより、より専門化し、直感的になっています。手軽にかつシームレスに携帯できるようになったことで、テクノロジーをまるで身体の一部分のように利用できます。従業員の個々のニーズに対応するのも当たり前のようになっています。その結果、ツールはさらに効率化され、高い生産性の実現が可能になっています。

成功を実現するテクノロジーの現在と未来

今日のテクノロジーでは、会話や使用状況、音響分析により、ビジネスにおける通話から多くの情報を読み取ることができます。こうしたデータは、有効な情報や収益拡大につながる情報を提供してくれるため、業績の改善に役立ちます。テクノロジーが、音声や会話以上のことに重点を置くようになるのはそう遠い未来ではないでしょう。ユーザーのデバイス、動き、活動のひとつひとつにシームレスにつながり、目の前にある次のタスクを感知し、対応します。新しいテクノロジーは、気を付けて使いさえすれば、人と人との距離を縮め、効率的な働き方を実現して、ビジネス全体をかつてないほどインテリジェントなものにしてくれるものです。

人は、自社のシステムが自分たちを意識して設計されたものであると感じた場合、自分が管理に携わっているという感覚を一層強く持つようになります。その結果、エンゲージ度が格段に向上し、今まで以上に仕事に励むようになります。ビジネスにとっては悪い事ではありません。

39-percent

改善の余地はあります。

従業員の39%が、業務におけるテクノロジーにストレスを感じていると答えています。1

Print

ITのメリット


応答性に優れたテクノロジーと示唆に富んだデータにより、パフォーマンスが向上し、結果として業績アップにつなげることができます。

人に力を与え、成功に導くテクノロジー

結局のところ、テクノロジーは、人の働き方と一体化することで、その能力を高め、生産性を向上させるものでなくてはなりません。実際、人は、自社のシステムが自分たちを意識して設計されたものであると感じた場合、自分が管理に携わっているという感覚を一層強く持つようになります。その結果、エンゲージ度が格段に向上し、今まで以上に仕事に励むようになります。2 人が満足していれば、ビジネスも成功します。

人は、自社のシステムが自分たちを意識して設計されたものであると感じた場合、自分が管理に携わっているという感覚を一層強く持つようになります。その結果、エンゲージ度が格段に向上し、今まで以上に仕事に励むようになります。ビジネスにとっては悪い事ではありません。

ビジネスを継続し、発展させるうえで非常に重要となる声のトーン

オンラインチャットや電子メール、音声通話などのコミュニケーション手段は、これまで以上に多様化が進んでいます。その中でも、「会話」を双方で確実に理解したい場合、優先的に使われるのはやはり声による会話です。1

人間のコミュニケーションに関するある調査によると、誰かが話しているのを音だけで聞いた場合、話された内容の87%は、その人の声のトーンで決まるということが示されています。2 ではここで質問です。チームや同僚、あるいは顧客との間でうまれる印象はどういったものでしょうか?暖かみがあり、人間らしいものですか?相手との距離感は遠いです? 親密かつプロフェッショナルらしい印象ですか?会話の微妙さが、人間関係を発展させるか、または阻害するかを左右するため、声の音質や明瞭さが重要になります。

消費者の79%は、仕事がらみで話をする場合の声の印象はよくないと感じています。会話の印象を語るときに最も使われる言葉が「ストレス」で、その次が「怒り」となっています。3 最近では、ちょっとした「誤解」でも、すぐにソーシャルメディアに投稿されてしまうため、メッセージの伝え方については特別な配慮が重要になります。また、最近ではリモートで仕事をする人がこれまで以上に増えているため、シームレスなボイステクノロジーの需要は非常に高まっています。企業の評判にも大きくかかわります。

質の悪いテクノロジーが原因で無駄に費やされる時間は、一回のビジネス通話ごとに平均で3~8分。4

14-percent

従業員の14%が、電話の向こうでトイレを流す音を聞いたことがある。4

56-percent

従業員の56%が、電話の向こうの別の会話を聞いたことがある。4

人間のコミュニケーションに関する典型的な調査では、誰かが話しているのを音だけで聞いた場合、話された内容の87%は、その人の声のトーンで決まるということが示されています。

  1. DMG Research、2017年
  2. Albert Merabian & Morton Wiener『Decoding of Inconsistent Communications』、Journal of Personality and Social Psychology 6(1967年)、109~114ページ
  3. 「How to Pinpoint Call-Quality Issues in Office Phone Systems」( http://hello-operator.softwareadvice.com/pinpoint-call-quality-issues-0214/
  4. Plantronicsによる会議の生産性に関するグローバルアンケート、2015年9月