ショッピングカート

製品 数量 価格 小計
カート小計
Americas

Asia Pacific

Europe

Middle East and Africa

雑音の管理

雑音は、最終損益を含め、いたるところに影響を及ぼします。

今すぐ視聴

職場での雑音の管理

オープンオフィス。移動中。コールセンター。職場がどこであろうと、雑音と集中の妨げとなるものは至るところに存在します。自分の仕事に適した効果的な雑音管理対策を立てる方法を見つけましょう。そして、従業員の生産性、カスタマーエクスペリエンス、および最終収益達成手段に雑音がどのように影響するかについての最新統計データ、調査、および見識をご確認ください。

2017年Plantronicsのグローバル調査

2017年、Plantronicsは、さまざまな業界に属する7か国2,184名の職業人に、職場における雑音の影響に関する調査を実施しました。回答者は全員、従業員数500名超のオープンスペースオフィスで週1回以上働いている方々です。調査結果は世界中で共通していました。それは、雑音が集中の妨げになるということです。さらに、集中を妨げることによって、従業員の生産性、顧客満足度、業績の低下を招いています。

以下のトピックから、当社の調査内容を確認できます。

職場における雑音の主な原因は何ですか。

いずれかを選択

オフィスの面積に対する従業員数の増加

個室の減少とコラボレーション向けのオープンスペースの増加

音をあまり吸収しない素材(ガラス、コンクリートなど)を使用したビル改修

オフィス内で電話を使用する従業員数の増加

調査結果を見る ›

主要な調査結果:

従業員が多いほど雑音が多い。

%

オフィスの面積に対する従業員数の増加

%

オフィス内で電話を使用する従業員数の増加

%

個室の減少とコラボレーション向けのオープンスペースの増加

%

音をあまり吸収しない素材(ガラス、コンクリートなど)を使用したビル改修

オープンプランのオフィス環境に従業員を配置することで、企業はコストの削減とコラボレーションの向上を図っており、それによる意図しない副産物が望まない雑音の増加です。

職場環境の雑音にどのくらい集中を妨げられましたか。1~5の5段階でお答えください(5は「非常に集中を妨げられた」)。

調査結果を見る ›
いずれかを選択

1

2

3

4

5

主要な調査結果:

望まない雑音には悪影響がある。

オフィスでの望まない雑音は集中を妨げます。実際、回答者の82%以上が、少なくとも1日に1回は雑音に気を取られると答えています。

雑音の少ない環境であれば、生産性がもっと向上すると思いますか。

調査結果を見る ›
いずれかを選択

はい

いいえ

主要な調査結果:

雑音は他の何よりも生産性に影響する。

%

はい

従業員は職場での雑音の影響や、業務にどのような影響を与えるかをわかっており、回答者の48%以上が集中を妨げる主要な要因になると答えています。

電話越しに聞こえる雑音について、顧客からクレームを受けたことはありますか。

調査結果を見る ›
いずれかを選択

はい

いいえ

主要な調査結果:

顧客は不満を持つ。

%

はい

周囲の雑音は電話越しに顧客にも聞こえます。電話の話し声が聞きづらくなり、カスタマーエクスペリエンスを低下させます。

あなたの会社は雑音の多い環境を改善するための措置を講じていますか。

調査結果を見る ›
いずれかを選択

はい

いいえ

主要な調査結果:

多くの企業がこの問題に気付いていない。

%

いいえ

ほとんどの企業は、コストの削減やコラボレーションの向上というオープンプランオフィスの利点を分かっています。しかし、気を取られて集中できないことが従業員にどのような意味を持つか、それが顧客やビジネス全体にどのような影響を与えるかについて理解している企業はわずかです。

雑音の真の代償とは?

雑音による注意散漫が、実際に最終収益に及ぼす財務的影響はどれくらいですか?その結果に驚くかもしれません。

影響を計算する

雑音の管理:対策ガイド

雑音の影響は従業員の仕事場と仕事のやり方に関わるため、雑音の影響について調べます。チームの最も一般的なワークスタイルと、適切に雑音を管理して健康と生産性を高める方法を理解します。従業員のための雑音管理対策を示すコミュニケーションベースの原則を考えます。従業員が働く場所は問いません。

よく利用する職場を選択する

オープンオフィス

移動中

コールセンター

オックスフォード・エコノミクスのグローバル調査

職場の雑音に関する経営者と従業員のずれを埋める。

オックスフォード・エコノミクスは、現代の職場の課題をより理解するために、Plantronicsと協力して、世界中のあらゆる業種に属する上級管理者と管理職以外の従業員1,200名以上に対して調査を実施しました。結果からわかることは、従業員とその管理者は物事を違った目で見ているということです。最も顕著なずれは、職場における雑音の影響です。これは、従業員のエンゲージメント、生産性、および全体的な満足度を低下させる認識のずれです。

以下に、調査からわかったずれを示します。

従業員がストレスを感じていることを管理者は知らない。

経営上層部は、オフィスの機能性や雑音の緩和にむけて取り組み始めています。

従業員

ずれ

エグゼクティブ


オフィスでの雑音や、気が散るのを軽減するのに必要なツールを持っています。

従業員

ずれ

エグゼクティブ

騒音や集中を妨げる要素は、エグゼクティブが認識しているより大きな問題で、従業員のエンゲージメントと生産性に悪影響を及ぼす可能性があります。

エグゼクティブは職場環境が異なるため、このストレスがわからない。

私にはプライベートオフィスがある。

従業員

ずれ

エグゼクティブ


集中を妨げる要因を遮断するために、音楽やホワイトノイズを聞いています。

従業員

ずれ

エグゼクティブ

ほとんどのエグゼクティブは、望まない雑音や集中を妨げるものに対処する必要がなく、自分のオフィスや外出先で仕事に集中できます。このデータは、現在の職場の生産性だけでなく、今後のオフィスの設計や効率性に悪影響を与える可能性があります。

効率的なコラボレーションスペースが優先されることが必要です。

私の会社は、コラボレーションを向上させるために会議室や休憩室を作り、適切な対応を行っています。

従業員

ずれ

エグゼクティブ

従業員もエグゼクティブも、コラボレーションが生産性向上の主要な要素であると理解し、同意しています。しかし、理想的なコラボレーションスペースを作り出すには、まだほど遠い状況です。

雑音の緩和への取り組みに関しては、エグゼクティブと従業員の間にはいまだに溝が存在します。

経営上層部は、オフィスの機能性や雑音の緩和にむけて取り組み始めています。

従業員

ずれ

エグゼクティブ

邪魔されることなく集中力が持続することに対して、従業員はいまだに高いニーズを持っていますが、オフィスの機能性の問題への取り組みを進める必要があると認識しているエグゼクティブはごくわずかです。

従業員の経験との認識のギャップは、まだまだ埋まるものではありません。

集中を妨げる要因を遮断することに取り組む必要があります。

従業員

ずれ

エグゼクティブ


集中して仕事をするための、静かな部屋を利用できます。

従業員

ずれ

エグゼクティブ

エグゼクティブは、オープンオフィスでの望まない雑音という課題について、もっと理解する必要があります。従業員が経験していることを理解するには、まだまだ隔たりがあるのです。

1.オックスフォード・エコノミクスの2018年の調査。

自然を生かした職場の設計とテクノロジー

オランダにある当社のオフィスは、音響の専門知識、テクノロジー、および(自然からの要素を組み込む)バイオフィリックデザインの絶妙な組み合わせが、どのように従業員の健康と生産性に良い結果をもたらすかを示すために考え出され、構築されました。当社の目的は、コラボレーション、コミュニケーション、集中、および機密保持のために、ビル内の空間を仕事場として利用するように従業員を促す、バランスの取れた環境を作ることでした。ビルは、完全に機能するコールセンターを備えた最先端のオフィス設備である以外にも、当社の雑音管理ソリューションが毎日の実世界の用途でどのように使用されているかを示す、リビングラボとしても機能します。雑音は、アーキテクチャ、Plantronicsのオーディオソリューション、Habitat Soundscapingサービスを高度に組み合わせることで、設計とテクノロジーによって管理されます。このようにして、企業と従業員両方の効率性が向上します。

オープンオフィスを機能させる

Habitat Soundscapingサービスが従業員のコラボレーションと生産性を促進する方法や、職場の雑音管理対策を策定する方法を確認します。

Habitat Soundscapingにアクセスする 雑音管理ガイドを見る

製品の選択に迷ったら?下記フォームにご記入の上、送信してください。