Plantronics + Polycom。両社は1つに: ロゴ

ショッピングカート

製品 数量 価格 小計
カート小計

Plantronics Manager Pro リリースノート

記事ID :
000021552
Plantronics Manager Pro 릴리스 정보 3.13

2019 년 3 월 18 일 : Plantronics Manager Pro 3.13 일반 배포 릴리스
 
Plantronics 허브 (클라이언트 소프트웨어)
새로 추가 된 Plantronics 허브 기능 및 새로 지원되는 소프트 폰 및 장치에 대한 자세한 내용은 Plantronics 허브 릴리스 노트를 참조하십시오. 일부 Plantronics 허브 기능은 엔터프라이즈 배포 및 기능에 직접적인 영향을 줄 경우이 문서에 포함될 수 있습니다.

Plantronics Manager Pro 용 API (클라우드 API)
최신 버전의 클라우드 API에서 새로운 기능 및 수정 사항에 대한 자세한 내용은 Plantronics Manager Pro의 릴리스 노트를 참조하십시오.

새로운 기능

 
Plantronics 허브
Plantronics 허브 | 연결 세부 정보 (Plantronics 허브> 지원)
익명화가 활성화 된 경우에도 IT에 특정 컴퓨터를 식별하는 기능을 제공하는 연결 세부 정보 목록에 호스트 이름이 추가되었습니다.
 
Plantronics Manager Pro
  • UI | 관리> Plantronics 허브에서 일부 섹션의 이름 지정 및 배열 변경
  • 더 자주 사용되는 선택을 쉽게 찾을 수 있도록 구성된 섹션.
  • LDAP 사용자 속성 이름이 사용자 데이터로 변경되었습니다.
  • 사용자 이름 및 호스트 이름 수집을 방지하기 위해 추가 된 가명 (pseudonymization) 기능
  • 3.13부터는 기본적으로 사용자 이름과 호스트 이름 (필수 개인 데이터 2 개)이 암호화됩니다.
  • 가명은 클라이언트에서 발생합니다. 실제 사용자 이름과 호스트 이름은 회사 네트워크를 떠나지 않습니다.
  • 해시 알고리즘에 SHA-512 사용
  • Plantronics 허브를 구축하기 전이나 후에 IT로 가상화를 비활성화 할 수 있습니다. Plantronics 허브는 다음 폴링주기 동안 변경 사항을 인식하고 실제 값을 보내기 시작합니다. 이렇게하면 모든 클라이언트가 체크인 할 때까지 일부 사용자 이름이 실제 값과 일부 해시 값을 표시합니다.
  • 가명 한 값은 사용자 및 / 또는 호스트가 제품의 최대 가치를 보장하는 고유 한 값입니다.
  • LDAP 사용자 속성 | 관리자> Plantronics 허브> 사용자 데이터
  • 3.12에서 처음 추가 된 추가 사용자 속성의 수집을 가능하게하는 기능. 사용 가능한 속성 목록은 firstname, lastname, email, employeeID, 확장 속성 1-15 등과 같은 사용자 특정 속성을 포함하도록 3.13에서 확장되었습니다.
  • 사용자 프로필에 추가되고 API를 통해 사용할 수있는 속성
  • Plantronics Manager Pro 시간 초과가 30 분으로 단축되었습니다.
  • 제한 시간은 이전에 1 시간으로 설정되었지만 더 엄격한 보안 프로토콜을 준수하기 위해 비활성 시간이 30 분으로 단축되었습니다.
  • Microsoft Plugin 지원은 MS 팀을 포함하도록 확장되었습니다.
  • Microsoft 팀은 UI에서 "Microsoft Teams, Skype for Business 및 Lync"로 나열된 데이터를 호출합니다.
  • 모든보고 데이터 세트의 사용자 데이터에 사용자 속성을 추가하여 추가 된 사용자 속성을 API를 통해 사용할 수있게합니다.
  • 응용 프로그램 메뉴 옵션 영역의 이름이 App Center로 변경되었습니다. 기능 확장
  • 고객이 응용 프로그램을 찾고 Plantronics Manager Pro를 확장 할 수있는 비공개 영역
  • 솔루션 제공 업체가 앱을 선전하고 새로운 잠재 고객에게 도달 할 수있는 공공 장소

데이터 통찰력
이 릴리스의 기존 보고서에 새 보고서가 추가되거나 크게 수정되지 않았습니다.
 
해결 된 문제
  • 다수의 장치 및 사용자가있는 임차인에게 적용되지 않는 보고서와 관련된 여러 문제가 수정되었습니다.
  • 향상된 페이지 로딩 속도
  • 많은 수의 사용자가 대량 삭제 작업을 수행 할 때 문제가 해결되었습니다. 일괄 삭제 작업은 이제 한 번의 작업으로 10K 개의 항목을 삭제하는 것으로 제한됩니다.
  • 장치 일련 번호가 '-'대신 'null'로 잘못 표시된 수정 된 보고서
  • 감사 로그에서 예약 된 보고서 실행이 누락되었습니다.
  • 비밀번호 분실 양식에 이메일 주소 확인을 추가했습니다.
  • 누락 된 툴팁.
  • 기타 보고서 및 UX 정리.
  • 필터가 특정 브라우저에서 올바르게 작동하지 않는 문제가 수정되었습니다.
  • 읽기 전용 관리자에게 적용 할 수없는 기능을 숨 깁니다.
  • 알려진 문제점
  • Plantronics Manager : Plantronics Manager 솔루션의 소프트웨어 정책을 사용하여 Plantronics Hub 3.12 클라이언트를 3.13으로 업데이트 할 수 없습니다. 고객은 Plantronics Hub 3.12를 제거한 다음 자체 배포 도구를 사용하여 Plantronics Hub 3.13을 배포해야합니다.
  • 보고 타임 스탬프는보고 엔진 응용 프로그램 (외부 공급 업체)에서 다음과 같이 변경되었습니다. 우리는 이전에 현지 시간대를 표시했지만 시간은 GMT로부터의 오프셋을 보여줍니다. 이 문제는 조사되었으며 공급 업체별로 해결할 수 없습니다.
  • 100,000 명이 넘는 사용자의 기기 배포 실패
  • 1000 개 이상의 "다른 제조업체"장치가있는 경우 모든 활성 장치가 때때로 표시되지 않고 "다른 제조업체"장치를 포함하지 않습니다.
  • 다수의 사용자가있는 임차인 (예 : 십만 명 이상)에 대해 완만하거나 완료되지 않은 특정 보고서에 대해서는 여전히 문제가 있습니다.
  • 동일한 통화에서 여러 헤드셋 제품을 사용하면 보고서 결과가 오도 된 수 있습니다. 예를 들어, 통화 품질 보고서에 Bluetooth 및 비 Bluetooth 장치가 모두 통화에 사용 된 경우 Bluetooth 이외의 장치가 표시 될 수 있습니다.
  • 사소한 UX 문제는 여전히 보고서 및 UX에 남아 있습니다 (예 : 누락 된 테두리 또는 항목이 잘못 정렬되었습니다.


2018年7月9日
Plantronics Manager Pro 3.11.1メンテナンスリリース
 
Plantronics Hub(クライアントソフトウェア)
新しく追加されたPlantronics Hubの機能および新しくサポートされているソフトフォンおよびデバイスの詳細については、「 Plantronics Hubリリースノート」を参照してください。

新着情報

一般
 
3.11.1では、Citrix Receiverを実行しているユーザーがどのように識別され、Plantronics Manager Proに追加されるかに影響する可能性のある変更を行いました。 Citrix Receiverを実行しているシステムでPlantronics Hubを使用していて、Citrix VDIユーザー名をPlantronics Manager Proアプリケーションおよびレポートで使用したい場合は、構成を変更する必要があります。詳細については、このナレッジベースの記事を参照してください。
 
解決済みの問題
  • VDI環境でCitrix Receiverを使用する環境で断続的な認証の問題が修正されました(サーバーがシンクライアントログインを自動的に無視しないように、VDI認証のデフォルト動作を変更しました。
  • デフォルトのデータ保持期間を「無制限に保持」から「3年間」に変更しました。
  • バージョンステータスレポートの修正 - モバイルデータを含めるため、レガシーファームウェアバージョンの表示をクリーンアップする
  • スケジュールされた通知期間を保存して、正しい時間を維持できない問題を修正しました。
  • レポートの製品フィルタは、もはや20台のデバイスに限定されていません
  • パスワードをリセットして元のサインインページに戻る問題を修正しました。
  • コールがヘッドセット(Bluetoothアダプタだけでなく)に関連付けられていることを明確にするためのDevice Adoptionレポートの修正
  • その他のクリーンアップとEIT監査ログレポートの改善
  • ハードウェアとソフトウェアのポリシー名に対する検証の改善
  • ユーザーが削除したときにリンク品質レポートのユーザーデータが削除されない問題を修正しました。
  • Plantronics Manager ProアプリケーションおよびレポートのPlantronicsハブの一般的なクリーンアップおよびファームウェアのバージョン番号。
  • ページを切り替えて戻ってくるまで、既に作成されたカスタムMSIが表示されない問題を修正しました。
  • その他のUXとレポートの改善と修正。
  • 多数のデバイスが同じシステムで使用/更新された場合、ファームウェアアップデートがPlantronicsハブに配信されないという問題を修正しました。
 
既知の問題点
  • デバイスのProductIDを変更したファームウェアの更新後、ProductIDの変更に関する情報はありません
  • バージョンステータス|ポリシーなしのユーザーのレポート内のバーの色が、レポートに10を超えるレコードが存在する場合に非表示になります。
  • レポートエンジンアプリケーション(外部 ベンダー)の更新後、レポートタイムスタンプが変更されました。以前はローカルタイムゾーンを表示していましたが、現在はGMTからのオフセットが表示されます。ベンダーに調査されている問題
  • Plantronics Hubでシリアル番号が報告されていない場合に重複したデバイスが断続的に表示される問題
  • Plantronics Manager Proアプリケーションおよびレポートにレガシーファームウェアバージョンが表示される方法に関する問題が引き続き発生する可能性があります
  • VDIが使用されている場合の既定の動作の変更

2018年4月2日:Plantronics Manager Pro 3.11一般配布リリース  
 
Plantronics Hub(クライアントソフトウェア) 
詳細はこちらをご覧ください    Plantronicsハブリリースノート   新しく追加されたPlantronics Hub機能および新しくサポートされたソフトフォンおよびデバイスに関する情報については、 


新着情報 
  • ファームウェアのアップデートの改善| 正常なファームウェア更新のための単一のPlantronicsデバイス要件が削除されました。   エンドユーザーは、複数のPlantronicsデバイスをターゲットシステムに接続して、ファームウェアのアップデートを成功させることができます
  • モバイルデバイスの管理| Plantronics Hub for Mobileは、在庫管理のためにエンタープライズテナントに接続できるようになりました。   IT部門は、ファームウェアのアップデートと設定(デバイスの選択)を管理し、利用可能なレポートのサブセットでモバイルデバイスを表示できます(詳細は、以下のデータ分析セクションを参照してください)
サポートされるデバイス ファームウェアアップデート 設定の更新
Voyager 3200 UC はい はい
Voyager 6200 UC はい はい
Voyager 5200 UC はい はい
Voyager 8200 UC はい はい
ボイジャーフォーカスUC いいえ はい
 
  • VDI | ユーザーエリア:   ユーザー領域では、Host = VDIをフィルタリングして、すべてのVDIクライアントを表示できるようになりました。   さらに、個人のユーザープロファイル内で、VDIアカウントが表示されます
  • 監査証跡| レポートライブラリには、管理者のアクティビティやAPIへのアクセスに関する情報を提供する新しいレポートが用意されています  
    • レポートの実行、ダウンロード
    • ユーザー、デバイス、製品、ホストの削除
    • 監査ログのエクスポート/ダウンロード
    • データ保持期間の変更
    • アカウントの変更
    • 新しいSSOログオン/アカウントの作成
    • アプリケーションによるアプリケーション認証試行の成功と失敗
    • アプリに許可/拒否された権限
    • ログオン試行(成功または失敗)
    • ログアウト
  • データ保持ポリシー| IT部門は、データを保持する期間を定義できるようになりました。 デフォルトでは、コンテンツを無期限に保持します。   3.11へのアップグレードの 結果、 データはパージさ れ ません
  • データを暗号化する ディスクレベルの暗号化が、静止しているデータに対して追加されています
  • ファームウェアのダウンロードを暗号化する| 以前にhttpを使用してダウンロードするように、ファームウェアの小さなサブセットが設定されていました。   これは更新され、すべてのファームウェアがhttpsを使用してダウンロードされるようになりました。  
  •  | Plantronics Manager Proがタブレットでサポートされるようになりました
  •  ソフトウェアポリシーの更新| ハードウェアとの一貫性を保つために、ソフトウェアポリシーを作成するときは、設定ポリシーとバージョンアップグレードポリシーのどちらかを選択する必要があります。    この新しい 方法論は、既存のソフトウェアポリシーに適用されています。   テナント内の以前のソフトウェアポリシーのソフトウェアバージョンとソフトウェア設定が表示されます。  
  • ポリシーのユーザーへの展開| ポリシーを個人に配備できるようになりました。   以前は、ポリシーをグループにのみ展開できました
  • お知らせ 管理者に送信された通知が更新されました。   これには、同じ名前で異なる製品IDのデバイスに対する複数の電子メールの削除が含まれます
  • 管理者アカウントの有効化の有効期限| 新しく作成された管理者に送信されたアクティベーションリンクは14日後に失効します
  • その他の製造装置が拡大| すべてのUSB「オーディオ」デバイスがインベントリされます。   以前は、テレフォニーページを公開していたUSBデバイスがインベントリされていました
  • 他のメーカーデバイスフィールド集団| 多くのUSBデバイスは、列挙プロセス中にオペレーティングシステムの製造元の情報を知らせていないため、レポートの製造元フィールドがNULLになっていました。 これらの製造上の欠陥を回避するために、ベンダーIDを検索して、製造元のデータが利用可能であることを確認します
  • ADFSのSSO | ADFS SSOをサポートします。   この   知識ベース   記事に設定の詳細が含まれています
  • アカウント機能を除外する| Plantronics HubがPlantronics Manager Proに特定のアカウント用にデータを送信しないようにする新しい構成オプション。   一般的なVDIユーザーやシステム管理アカウントの場合のように、IT部門に管理から一般アカウントを除外する機能を提供します。
  • ファームウェアバージョンの簡素化| Plantronics Manager Proで表示されるファームウェアのバージョンは簡略化されています
 
データ分析(Plantronics Manager Proサブスクリプションが必要)
  • レポートライブラリは再構築されました。   A   知識ベース記事   これらの詳細をキャプチャするために作成されています。
  • モバイルデバイスのデータを表示するために、次のレポートが更新されました。
    • デバイス配信
    • デバイスインベントリ
    • ポリシーの準拠
    • バージョンステータス
    • 会話分析
    • アコースティックイベント
  •   ポリシー遵守| Asset Management&Adoption Suiteの新しいレポート。   このレポートを使用 して、ユーザが定義したファームウェアおよびソフトウェアポリシーに従うようにします。
  • バージョンステータス| このレポートは3.9で更新され、デバイスおよびPlantronics Hubクライアントのバージョン情報に加えてポリシー準拠情報が表示されます。   ポリシーコンプライアンスレポートの導入により、このバージョンステータスレポートにはコンプライアンス情報が表示されなくなります。   このレポートを使用して、Plantronicsから入手可能な最新バージョンに関連するファームウェアおよびソフトウェアの配布を企業全体で表示します。
 
解決済みの問題 
 
  • ソフトフォンの状態| Avaya One X Communicator MacのバージョンがSoftphone Status Reportに間違って表示される
  • レポート| レポート用の製品フィルタには、一部のレポートのBluetoothアダプタが表示されます。   すべてのイベントがBluetoothアダプタに関連付けられているため、関連付けられたヘッドセットは製品フィルタで選択できません。   この問題は、レポートのサブセットでも引き続き発生します。
  • csvレポート文書にアポストロフィを含むデータが正しく表示されない
  • クエリとインデックスの使用を最適化することにより、レポートのパフォーマンスが向上しました。 大量のデータを含む複数のレポートを同時に開くと403エラーが発生する
  • ホームページ上のソフトウェアスナップショットを修正し、ユーザーではなくホストを表示
  • インベントリからユーザーに関連付けられていないデバイスを削除しました
  • ユーザーの削除後に孤立したデータの問題が修正され、非一時的なDBエラーが発生する
  • BLACKWIRE 32XXプロダクトIDは 接続し直しが 必要です が、これはUIに示されていません
  • Voyager 6200:ミュートリマインダを オンに 設定する と「 スペース を開始するとセカンダリパラメータが表示されません」
  • Voyager Focus UCがボリュームレベルトーンの設定をサポートしていない
  • ソフトフォンの採用者レポートに含まれていないソフトフォンのメーカーとソフトフォンの製品フィルタ
  • コア製品とレポートライブラリの両方で、複数の一般的なユーザーインターフェイスの修正
既知の問題点
  • デバイスの ProductID を変更したファームウェアの更新後 、 ProductIDの 変更 に関する情報はありません                
  • バージョンステータス| ポリシーなしのユーザーのレポート内のバーの色が、レポートに10を超えるレコードが存在する場合に非表示になります。
  • レポートエンジンアプリケーション(外部 ベンダー)の更新後、レポートタイムスタンプが変更されました。   以前はローカル タイムゾーンを 表示して いましたが、現在はGMTからのオフセットが 表示されます 。   ベンダーに調査されている問題
  • Plantronics Managerの更新タイプの「サイレント」は現在利用できません
 

Plantronics Manager / Proリリースノート3.10.2

2017年12月12日:Plantronics ManagerおよびPlantronics Manager Pro 3.10.2メンテナンスリリース


新着情報
  • Windowsのサイレントアップデート|時間外にデバイスを更新するためのファームウェアポリシーをスケジュールする(Plantronics ManagerおよびPlantronics Manager Pro)
開始日をスケジュールし、更新が適用される時間枠を定義する
エンドユーザーがログインしているかどうかにかかわらず、システムはロック状態になることがあります
Plantronics Manager Proレポートへの更新ステータスのほぼリアルタイムの通知を提供して、システムのポストアップデートを再起動するようにポリシーを設定することができます
 
この機能に対応するには、ハードウェアの更新プロセスと設定の更新プロセスを分割する必要があります。これにより、今日の単一のハードウェアポリシーではなく2つのポリシーが作成されます。この新しい方法は既存のハードウェアポリシーに適用されました。テナントの以前のハードウェアポリシーの設定ポリシー。
 
解決済みの問題
 
一般
 
  • LDAPクエリは余分なユーザーを招待します
  • Plantronicsハブがプロキシ環境で通知されない、またはファームウェアアップデートを受信しない
  • ホストとユーザーのインベントリページにActive / Inactive / Out of Serviceの定義がありません
  • ポリシーの作成時に間違ったフィルタの実装|ソフトウェアの選択ダイアログ
  • サインインページで「利用規約」にリンクすると、存在しないページが表示されます
  • ユーザーカウントでPlantronics Manager Pro Adminsを除外する必要があります
  • Voyager 3200のポリシーを使用してモバイル着信音の設定をOFFにロックしても機能しません。 Plantronics Hubのトーン1に設定をロックする
  • 特定のデバイスのすべてのユーザーが削除されると、デバイスが削除されるとは限りません。
  • 会社のスナップショット| Plantronics Hubモジュールでは、ユーザーごとではなくホストごとにソフトウェアバージョンが表示されます。
 
データの分析(Plantronics Manager Pro)
  • 大規模なデータセットでレポートを実行する際の一般的なレポートパフォーマンスの向上403エラーが発生することがありました。
  • インベントリレポートを除き、レポートの[CSVをすべてダウンロード]オプションを削除しました。あるレベルのフィルターを前方に動かす必要があります。
  • デバイスインベントリレポート|シリアル番号フィルタはデバイスフィルタである必要があります
  • 会話の詳細の壊れたハイパーリンクデスクフォンレポート(テーブルビュー)
  • デバイスインベントリレポート|製造元フィルタが期待どおりに動作しません。手動フィルタの選択とダブルクリックによるドリルダウンにより競合が発生する
 
既知の問題点

一般
  • デバイスのProductIDを変更したファームウェアの更新後、ProductIDの変更に関する情報はありません
 
データの分析(Plantronics Manager Pro
 
  • バージョンステータス|ポリシーなしのユーザーのレポート内のバーの色が、レポートに10を超えるレコードが存在する場合に非表示になります。
  • ソフトフォンの状態| Avaya One X Communicator MacのバージョンがSoftphone Status Reportに間違って表示される
  • レポートエンジンアプリケーションの更新後に、レポートのタイムスタンプが変更されました。以前はローカルタイムゾーンを表示していましたが、現在はGMTからのオフセットが表示されます。会社と一緒に調査されている問題。
  • csvレポート文書にアポストロフィを含むデータが正しく表示されない
  • レポート|レポート用の製品フィルタには、一部のレポートのBluetoothアダプタが表示されます。すべてのイベントがBluetoothアダプタに関連付けられているため、関連するヘッドセットは製品フィルタで選択できません。この問題は、レポートのサブセットでも引き続き発生します。
Plantronics Manager / Proリリースノート3.10.1 2017年9月25日:Plantronics ManagerおよびPlantronics Manager Pro 3.10.1メンテナンスリリース  


新機能 - Plantronicsデベロッパー接続(APIオープンデータアクセス)
  • 資産分析API:   デバイスがゼロのホストを照会する機能が追加されました(Device Distribution)
解決済みの問題
  • 41人以上の管理者を追加した後、アカウントのページが正しく表示されない
  • Plantronics HubのAnti-Startleのデフォルト値は、Plantronics Manager ProのEncore Pro 725デバイスのデフォルト値とは異なります。
  • 複数のユーザーが同じホストを共有する場合、[Last Polled]列によるホスト(インベントリ|ホスト)のソートはランダムな順序でソートされているように見えます。   最後のユーザーの最後の接続タイムスタンプを取得するだけで、最後のポーリングを正確にソートできます。
  • 複数のユーザーが同じホストを共有している場合、「状態」列によるホスト(インベントリ|ホスト)のフィルタリングが正しく機能しません。   ホストが非アクティブユーザとアクティブな関連ユーザの両方を持つ場合、ステータスを「複数」に変更します。
  • 特定のデバイスのすべてのユーザーが削除された場合、デバイスは必ずしも削除されません。
  • 会社のスナップショット| Plantronics Hubモジュールでは、ユーザーごとではなくホストごとにソフトウェアバージョンが表示されます。
  • 「ストリーミング」ではなく「リアルタイム」を表示するPlantronics Manager Proのユーザーインターフェイス   Plantronics Developer Connectionの用語と一致するように変更されました。
Plantronics開発者接続(APIオープンデータアクセス)
  • Mute usage Level のための空の値を渡すと、400 エラーをスローします。
  • アンサブスクライブされたスイートからAPIにアクセスしようとすると、スイート未購読ではなく "OK"の応答が返されます
  • APIで利用できない「その他の製造業者」デバイスの検出日。
  • 会話分析APIを更新してページ数を10に制限し、日付順、最近の最初の  
既知の問題点
  • エラー403:   長期間(年以上)大規模なデータセットのレポートを実行すると、エラーが発生することがあります。   回避策としての期間を短縮します。
  • Plantronics Manager Proの[アプリケーション]ページでは、ページが更新されるまで承認されていても、アプリケーションは[保留中]状態で表示されることがあります。
  •  PDC | API:   すべてのパーセンテージでゼロを示すコールサマリーAPI
  • レポート| レポート用の製品フィルタには、Bluetoothアダプタのみが表示されます。   すべてのイベントがBluetoothアダプタに関連付けられているため、関連付けられたヘッドセットは製品フィルタで選択できません。  
  •  断続的にSWバージョンの状態とデバイスの配布レポート状態が30分以上更新されません
  •  Voyager 3200:ポリシーが展開されてPC着信音の設定がOFFにロックされると、ハブのTone 1にロックされます
  •  関連ユーザーのいないデバイスは削除されません
  • Skype for Business UIから通話を保留にすると、レポートにコール終了イベントがトリガーされます
  • デバイスの PIDを 変更FW更新した後 、PIDの 変更 についての情報はありません   
  • キャッシュをしばらく削除しないと、Mozilla Firefoxにレポートを読み込むことができません
  • ポリシーなしのユーザーのバーの色は、レポートに10個以上のレコードが存在する場合は非表示になります。
  • テーブルの洞察ではアポストロフィを持つデータはcsvレポート文書に正しく表示されません。            
  • 非アクティブとアクティブデバイスが このグループのための洞察の色が非常に似ているという事実に、容易に 区別 することはできません
  • Avaya One X Communicator MacのバージョンがSoftphoneステータスレポートの洞察に間違って表示される


SaaSリリースノート3.10 

2017年7月20日:Plantronics ManagerおよびPlantronics Manager Pro 3.10一般配布リリース  

新着情報 - 全般 
 
  • ポリシーページ| 改善されたポリシーのユーザーエクスペリエンス 

    [Plantronics Manager Pro]   3.9では、ファームウェアとソフトウェアの更新のデプロイメント・メカニズムがポリシーに置き換えられました。   ポリシーは、環境内で検出された各デバイスタイプに対して自動生成されました。   IT担当者は必要に応じてこのデフォルトポリシーをカスタマイズして有効にできます。   これにより、IT部門は簡単になりましたが、IT部門が管理したいデバイスを見つけたり、すでに有効になっていたポリシーを特定したりするのを防ぐ、非常に混乱したページが作成されました。 

    私たちは3.10でこの動作を変更して、管理する必要があるデバイスに対してのみITがポリシーを作成できるようにします。   既定のポリシーは作成されなくなります。   ITが設定や更新を実施する場合は、ポリシーを作成してカスタマイズする必要があります。   デフォルトポリシーの自動作成を廃止すると、ITにはきれいなインターフェイスと効率的なやりとりが提供されます。   この変更は、以前に作成されたポリシーと新しいポリシーを作成するフローの両方に影響します。   ここに詳細があります: 
     
    • 以前は、非アクティブ状態の自動生成ポリシーが削除されていました
    • 以前は、アクティブな状態にある自動生成ポリシーは維持されます
    • 自動生成されたポリシー名 "default"は編集可能になり、必要に応じて名前を変更できます
    • 自動生成されたデフォルトのポリシーは、以前はすべてのユーザーに適用されるようにハードコードされていました。   これで編集が可能になり、ポリシーをユーザグループに適用できるようになりました。
    • すべてのポリシーを削除できるようになりました
    • 右上から削除された事前設定ボタン
    •  ポリシー作成時に、ITは既存のデバイスのポリシーを作成するか、その環境にまだ見つからないデバイスのポリシーを作成するかを選択できます。   Latterオプションは、デバイスに事前設定機能を提供します。  
       
  • ポリシーページ| パフォーマンスの向上(Plantronics Manager / Pro)
  • ポリシーページ| 設定やファームウェアのアップデートがないデバイスのポリシーは作成できません。   これらはデバイスのリストに表示されますが、グレー表示された状態です。 (Plantronics Manager / Pro)
  • ポリシーページ| デバイスポリシーバーの数を明確にしました。   これで、ヘッドセットのイメージが表示され、そのデバイスのポリシーによって影響を受けたアクティブデバイスの数が示されます。 (Plantronics Manager Pro)
  • お知らせ リリースノートは、ポリシー内に加えて、通知テーブルからも利用できるようになりました。
  • ナビゲーション| 左サイドナビゲーションのポリシーセクションの上に在庫が移動しました。 (Plantronics Manager Pro)
  • シングルサインオン| Plantronics Manager Proの管理者/ユーザー用のSSOを追加しました。   どちらの識別プロバイダ(IdP が )SAML 2.0を介してSSOを開始し、サービスプロバイダ(SP)はSSOがサポートされて開始しました。   一度設定され、PlantronicsのマネージャーProはPlantronicsのマネージャープロのログインダイアログのボタンをシングルサインオンを選択してアクセスすることができます(SPが開始)または IdPの アプリケーション のリストからプロPlantronicsのマネージャーを選択してアクセスすることができます (IdPが 開始されます)。   (Plantronics Manager Pro)
 
 
新着情報 - 洞察 
 
  •  新しいレポート!   ラジオリンク品質| Quality Impairment Score(QIS) - 無線リンク接続に基づいてユーザーの平均通話品質を提供します。 毎週、毎日、時間別平均、個々のコールビューなどの詳細を詳細に表示します。   無線通信リンクに関連する通話品質の問題のトラブルシューティングを支援します。   カンバセーション分析スイートのレポートで使用できます。   サポートされているヘッドセット:   Voyager 3200シリーズ、Voyager 8200シリーズ、Voyager 5200シリーズ、Voyager Focus UC + BT600。   Voyager 5200、Voyager 8200シリーズ、Voyager Focus UC、BT600では、ファームウェアのアップデートが予定されています(近日出荷予定)、Plantronics Hub Win / Mac v3.10
  • 会話詳細レポート| 会話分析スイート:   サポートされている新しいデバイス:   Voyager 3200シリーズ、Voyager 5200、Voyager 8200シリーズ、Voyager Focusなどがあります。   ボイジャー5200、ボイジャー 8200シリーズ、ボイジャーフォーカスUCとBT600は、(近日公開)ファームウェアの更新とPlantronicsのハブWin / Mac版V3.10が必要です
  • 音響イベントレポート| 音響解析スイート:   サポートされている新しいデバイス:   Voyager 8200、Voyager 3200、Voyager Focus、Voyager 5200。   Voyager 5200、Voyager 8200シリーズ、Voyager Focus UC、BT600では、ファームウェアのアップデートが予定されています(近日出荷予定)、Plantronics Hub Win / Mac v3.10
  • 毎日騒音暴露レポート| 音響解析スイート:   サポートされている新しいデバイス:   ボイジャー8200とボイジャーフォーカス。    Voyager 8200シリーズ、Voyager Focus UC、BT600は、ファームウェアのアップデート(近日発売予定)、Plantronics Hub Win / Mac v3.10 
     
     
推奨されない機能 
 
デバイスが環境に追加されたときのデフォルトポリシーの自動作成を削除しました。 
 
解決済みの問題 
 
一般 
 
 
  • LDAPサーバーの設定変更は、Plantronics Manager Proのハブに伝達されませんでした。
  • 更新が公開または取り消されたときにテナント管理者に送信される電子メール通知の数を減らしました。
  • いくつかのファームウェアリリースノートへのリンクが壊れています
  • よりユーザーフレンドリーになるようにソフトウェアのバージョン番号を更新し、ビルド番号を別のフィールドに移動
  • 100行の表示を選択することは、ユーザーセッション全体で保持されるようになりました
  • Plantronics ManagerおよびPlantronics Manager Proで誤った開始通知が表示される
  • サビ の7xx(AC01、AC11)と サビ 4XX(AB 01、AB 11、AB02とAB12) 用の新しいファームウェアアップデートは プラントロニクスハブv3.9.4またはそれ以上のユーザーに利用できるようにすべきです
  • ソフトフォンのバージョンとロックされた設定は、Plantronics のマネージャープロの ユーザープロファイル に表示されません
  • 他のメーカーのデバイスを削除するオプションはありません
  • Microsoft Edge Browserの検索フィールドの自動入力オプションを無効にする必要があります
  • Voyager 3200:OFFに設定すると、携帯電話着信音またはPC着信音設定の値は表示されません
  • Voyager 3200:音声通話が誤って表示される "通話中の通話" 
レポート
  • 音響インシデントレポートには、実際にデバイス上で発生する可能性のあるdbaレベルが表示されます
  • デバイス採用、デバイス配信、デバイスインベントリ用の固定レポートフィルタ
  • 欠落しているツールチップを追加すると、データ文字列が長すぎて使用可能なテーブル幅に表示されず、切り捨てられます(省略記号付き)
  • バージョンステータス レポート の改善 :
    • レポートの説明を改善する
    • アクティブなデバイスのみが表示されていることを明確にする
    • ステータス検索を修正
  • 接続されたヘッドセットを表形式のレポートに表示するように改良(アコースティックインシデントおよび会話の詳細レポートにのみ適用)
  •  インベントリレポートCSV形式が生成されていません
  • ファームウェア列のデバイスインベントリレポートにツールチップがありません
  • デバイス配布レポートCSVファイルにグループが正しく表示されない
  • ユーザーごとのデバイス配布の詳細レポート:「合計ユーザー数」は「合計デバイス数」である必要があります。
  • デバイスインベントリレポートに、製造元のない他の製造元デバイスのUIの問題があります
  • デバイス配信レポート:CSVファイルにテナント表示名の代わりにホスト名が表示される
  • Plantronicsの "Products"フィルタは、 "Manufacturers"フィルタでNon-Plantronicsを選択しても有効です
  • Plantronics以外のデバイスのデバイス分布レポートテーブルには、Plantronicsデバイスが含まれています。  

既知の問題点
  • レポート| レポート用の製品フィルタには、Bluetoothアダプタのみが表示されます。   すべてのイベントがBluetoothアダプタに関連付けられているため、関連付けられたヘッドセットは製品フィルタで選択できません。  
  • 断続的にSWバージョンの状態とデバイスの配布レポート状態が30分以上更新されません
  • Voyager 3200:ポリシーが展開されてPC着信音の設定がOFFにロックされると、ハブのTone 1にロックされます
  • 関連ユーザーのいないデバイスは削除されません
  • Skype for Business UIから通話を保留にすると、レポートにコール終了イベントがトリガーされます
  • デバイスの PIDを 変更FW更新した後 、PIDの 変更 についての情報はありません           
  • キャッシュをしばらく削除しないと、Mozilla Firefoxにレポートを読み込むことができません
  • ポリシーなしのユーザーのバーの色は、レポートに10個以上のレコードが存在する場合は非表示になります。
  • テーブルの洞察ではアポストロフィを持つデータはcsvレポート文書に正しく表示されません。          
  • 非アクティブとアクティブなデバイスは、このグループの洞察色が非常に似ているという事実のため、簡単に区別できません
  • Avaya One X Communicator MacのバージョンがSoftphoneステータスレポートの洞察に間違って表示される


Plantronics ManagerおよびPlantronics Manager Proバージョン3.9.2 

2017年4月18日:Plantronics ManagerおよびPlantronics Manager Pro 3.9.2(ビルド151492)メンテナンスリリース  

新着情報 - 全般 
N / A 
 
新着情報 - レポート 
N / A 
 
推奨されない機能 
N / A 
 
解決済みの問題
  • バージョンステータスレポート:   コンプライアンス数と総デバイス数が正しくありません。   以前は通話で使用されていたデバイスが表示され、通話の使用状況に関係なくすべてのデバイスが表示されました。
  • デバイスインベントリ用にダウンロードされたCSV(Entire Dataset)に関するメールまたは家の通知はありません
  • アクティブなポリシーがない場合、ユーザーによって変更されたSoftphonesプラグインモジュールはデフォルト値によって上書きされます
  • Voyagerフォーカスデバイスの管理レポート設定は表示されません。
  • 以下の2つの問題は、Plantronics Manager Proにのみ適用される解決方法を示しています。   Plantronics Managerのお客様は、以下に記載されているデバイスの最新のFWアップデートをファイル共有から特定して削除する必要があります。  
    •  一部のデバイスは、ファームウェアのアップデート後に動作を停止することがあります。   この問題は、Plantronics Hub 3.9.2で解決されています。   このため、Plantronics Manager Proは、3.9.2より前のバージョンのPlantronics Hubのいずれのバージョンでも、次のデバイスの最新のファームウェアアップデートを表示しません。
      • サビ w7xx:    ac01、ac11
      • サビの 4XX:   ab01、ab02、ab11、ab12
      • MDA 200:    ad03
      • MDA 220:    ad04
エンドユーザーは、ファームウェアアップデートポリシーが作成されていても、Plantronics Hub 3.9.2以降でない限り、使用可能なファームウェアアップデートは表示されません。
  • 下記に記載されている BLACKWIRE デバイスは、最新のファームウェアアップデートがプロ/プラントロニクスマネージャから削除された、他のConexant社ベースのデバイスで、この理由のために問題を引き起こす可能性があります。   この問題は、Plantronics Hub 3.9.2で解決されています。   上記の問題と同じ、Plantronics Manager Proは、Plantronics Hub 3.9.2以降でない限り、次のデバイスの最新のファームウェアアップデートをエンドユーザーに表示しません。  
    • BLACKWIRE C310:PID C03E
    • BLACKWIRE C320:PID C00F
    • BLACKWIRE C310:PID C01E
    • BLACKWIRE C310:PID C022
    • BLACKWIRE C320:PID C024
    • BLACKWIRE C320:PID C01F
    • BLACKWIRE C320:PID C03F
    • BLACKWIRE C320:PID C025
    • BLACKWIRE C315:PID C027
    • BLACKWIRE C315:PID C026
    • BLACKWIRE C325:PID C029
    • BLACKWIRE C310:PID C00E
    • BLACKWIRE C325:PID C028
    • BLACKWIRE C435:PID C04E
    • BLACKWIRE C435:PID C032
    • BLACKWIRE C435:PID C033
    • BLACKWIRE C520:PID C050
    • BLACKWIRE C520:PID C01B
    • BLACKWIRE C520:PID C01C
    • BLACKWIRE C520:PID C017
    • BLACKWIRE C520:PID C018
    • BLACKWIRE C725:PID C034
    • BLACKWIRE C510:PID C04F
    • BLACKWIRE C510:PID C015
    • BLACKWIRE C510:PID C01A
    • BLACKWIRE C510:PID C016
    • BLACKWIRE C510:PID C019
    • BLACKWIRE C520:PID C036
    • BLACKWIRE C520:PID C052
    • BLACKWIRE C520:PID C035
    • BLACKWIRE C315.1:PID C037
    • BLACKWIRE C325.1:PID C03A

エンドユーザーは、ファームウェアアップデートポリシーが作成されていても、Plantronics Hub 3.9.2以降でない限り、使用可能なファームウェアアップデートは表示されません。
既知の問題点
  • ポリシー:   ファームウェアの更新機能を持たないEncoreなどのデバイスでは、ポリシー内にファームウェア設定領域が表示されます。
  • ボイジャーレジェンド、ボイジャープロUC2、BLACKWIRE C710 / 720:ファームウェアのアップデートは、IT管理者によって使用可能になるまで、これらのデバイスのすべてで利用可能な「特殊モード」の設定は設定できません。   Plantronics Manager Proでは、IT管理者がこれらの各デバイスのデフォルトポリシーを有効にする(またはカスタムを作成する)必要があり、ファームウェアバージョンまたはセットのバージョンを「Plantronicsから最新のものに適用する」必要があることを意味します。   Plantronics Managerでは、IT部門はこれらの各デバイスのファームウェアアーカイブをダウンロードし、識別されたファイル共有に配置する必要があります。   ファームウェアアップデートファイルがダウンロード/デプロイされていない場合、これらの設定のいずれかを変更しようとすると、エンドユーザにエラーメッセージが表示されます。
  • BLACKWIRE 725:   ポリシーがMute ReminderをAudible Reminderにロックするように設定されている場合、Plantronics Hubは代わりにOn-Screen Reminderを使用し、ロックされます。
  • 報告する:   一部のフィルタは、デバイス配信およびデバイス採用レポートを表示するときに、子ページに適切に適用されません。
  • Plantronics Manager:   IT部門がポリシーアーカイブファイルのFW更新を「ユーザー設定の保持」に設定している場合、ユーザーは言語を変更できません。
  • 報告する:   システムがシャットダウンしたときのイベントを示すTWAレポート
  • PLT Manager 3.8.4&3.9:バージョンステータスのダウンロードDOCテーブル、ファームウェアには見出しがありません
  • PLT Manager Pro:51人以上のユーザーがいる手動グループは削除できません
  • レポート:トップ25のユーザーフィルタオプションで、会話の詳細レポートにすべての関連ユーザーが表示されない
  • BLACKWIRE 725:音声はミュートオン/オフアラートを設定するための選択可能な値として提供、しかし声はHSに対応していません
  • BLACKWIRE:トーンの設定はOFFに設定するか、またはロックすることができませんダイヤル
  • 報告する:   ソフトフォンバージョンレポートに非アクティブデバイスの最終使用日が表示されない
推奨事項 :   Plantronicsマネージャ   お客様:下記のデバイスとPIDの既存のファームウェアアーカイブを削除してください。 ファームウェアのアーカイブを特定する方法については、    ここをクリック。
  • サビの 7XX:AC01、AC11
  • サビの 4XX:AB01、AB02、AB11、AB12
  • MDA 200:AD03
  • MDA 220:AD04
  • BLACKWIRE C310:C03E、C01E、C022、C00E、C023、C038
  • BLACKWIRE C320:C00F、C024、C01F、C03F、C025、C039
  • BLACKWIRE C315:C027、C026、C04A
  • BLACKWIRE C325:C029、C028、C04B
  • BLACKWIRE C435:C04E、C032、C033
  • BLACKWIRE C510:C04F、C015、C01A、C016、C019
  • BLACKWIRE C520:C050、C01B、C01C、C017、C018、C036、C052、C035
  • BLACKWIRE C725:C034
  • BLACKWIRE C315.1:C037
  • BLACKWIRE C325.1:C03A

以前のバージョンのPlantronics Manager / Plantronics Manager Pro
  •            以前のバージョンのリリースノートが見つかりました   ここに 。   
 

    No Results Found

    フィルター: