スキップしてコンテンツに移動

SupraPlus(CS351/CS361): 調整と設定

記事ID:
000006443
ユニットの背面です。 一番下のユニット : ボリュームコントロールの設定します。
  • 送話音量 : を使用して、あなたの送話音量を大規模な調整を行うベースの底にある送話音量の段階調節コントロールスイッチ (A が一番やさしいと d をに設定すると音量が最も大きくなります ) 。 ベースの後ろには送話音量の微調節ボタンのいずれかを押すと増分調整を行う。
  • リスニング音量 : を使用して、受話音量を大規模な調整を行うのリスニング音量の主要な調整スイッチのベースの背面にある (4 が一番やさしいを 1 に設定すると音量が最も大きくなります ) 。 あなたのヘッドセットで増分調整を確認します。
他の構成設定をします。
  • 互換性 : ヘッドセットでダイヤルトーンが聞こえない場合は、発信者は聞くことはできません、またはブーンという音またはヒス音がするヘッドセットで、互換性の設定を調整する必要があります。 、硬貨または小さいねじを実行してドライバをベースユニットの左側にある、電話設定ダイヤル ( 以下を参照してください ) 、オーディオの問題が解決されるまでです。 番号はポジションインジケーターに合わせることを確認してください。

  • コールの自動応答 / コールコントロール (intellistand スイッチ ): コールに応答する場合はまたはヘッドセットのボタンを押しても、ダイヤルトーンがトリガー、 IntelliStand スイッチをベースユニットの右側にある設定 ( 以下を参照してください ) 、 OFF 位置 (-) にします。 ダイヤルトーンまたはコールに自動的に応答をトリガーする場合はベースの充電クレードルからヘッドセットを活用して、 IntelliStand スイッチを ON 位置にします (=) を設定します。