Plantronics + Polycom。両社は1つに: ロゴ

ショッピングカート

製品 数量 価格 小計
カート小計

Plantronics Manager Pro – API リリースノート

記事ID :
000023577
Plantronicsの場合、 Manager / Manager Proのリリースノートはここをクリック

Plantronics Manager Pro用のAPIバージョン3.13.2
 

発売日:
3.13.2 2019年8月

新着情報:
  • 合計コールトレンドを生成するときのパフォーマンスを改善するために、新しいタイムバケットの集約されたコールサマリーデータセット(時間、日、月)を追加しました

 

 
Plantronics Manager ProのAPIバージョン3.13.1

リリース日:3.13.1
  2019年4月
新着情報:
  • Microsoft Power BI用Plantronicsアプリを使用して、大規模なデータセットの読み込み時間を短縮-詳細をご覧ください。

 
Plantronics Manager ProのAPIバージョン3.11.5
発売日:
  • 3.11.5
  • 2019年1月
新着情報:
  • Microsoft Power BI用Plantronicsアプリのサポートの改善-詳細をご覧ください。

Plantronics Manager Pro用APIバージョン3.11.3
  
発売日:
2018年10月24日

新着情報:
  • tenantDeviceInventory APIメソッドが改善されました。応答では、BT600などのBluetoothコネクタに接続されているデバイスを、モデル名と追加の記述パラメータで明示的に識別できるようになりました。
  • 新しいAPIメソッドが追加されました。 tenantDeviceSettingsStatusは、特定のPlantronics Manager Proテナントのデバイスプロパティに登録されているデバイスのポリシー準拠状態を示します。
  • Power BIのPlantronicsという名前のPlantronics Manager Proアプリが起動しました。 Plantronics for Power BIは、すべてのPlantronics Manager Proテナントで有効になり、すべてのお客様が必要に応じて有効にすることができます。


Plantronics Manager ProのAPIバージョン3.11.2
  
発売日:
2018年6月21日

新着情報:
  • •tenantCallsummary APIメソッドが強化されました。レスポンスには、呼び出しを終了するために使用されたメソッドを判別できるように、文字列userActionのメタデータが含まれています。コールイベントの拡張コンテンツを提供し、値を含むrelatedDeviceEvent。ドッキング、ドッキング解除、talkButtonpress、noDevice、baseButtonPress、およびidleTalkButtonPress
  • •テナントFWVersionStatusが更新され、ファームウェアポリシー準拠状態が組み込まれました。

解決された問題:
  • Plantronics以外のデバイスが正確に報告されないことがあった問題を解決しました。
  • tenantSoftphoneStatusの応答に使用状況フィールドのデータが含まれるようになりました。
  • complianceStatusにNOPOLICYの値が含まれているときに500のエラーがスローされた問題を解決しました。

Plantronics Manager ProのAPIバージョン3.11.1
 
発売日:
2018年6月21日

新着情報:
  • Plantronics Manager Proに新しい監査ログが追加され、監査ログを取得するための新しいAPIが利用可能になりました。これにより、特定のPlantronics Manager Pro-tenant内のアクティビティに関する詳細な情報へのアクセスが向上します。
  • すべてのPlantronicsデバイスは、一意のDeviceIDで識別されます。これにより、デバイス、特にリアルタイムデータストリームに関する有用な分析を作成する能力が向上します。
  • 要求が誤って行われた場合は、APIを使用してアプリケーション許可要求を削除します。間違いが起こります。これで、このAPIを使用して修正できます。
解決された問題:
  • v.3.11.0のリリースで新しいサブスクリプションモデルに移行したとき、一部のAPIコールが期待どおり機能していなかった。今、彼らは正常に動作します。

発売日:
2018年4月2日

解決された問題:
  • 現在、Plantronics Manager Proサービスをご契約されているお客様は、追加料金なしでAPIをご利用いただけます。これにより、より多くの顧客にすぐにアクセスできるようになります。
  • Plantronics Manager Pro Developerテナント(米国でホストされています)に、実稼働環境でAPI電源ソリューションをテストするよう依頼することができます。詳細はこちらへ
  • Plantronics Manager Proの監査ログを一部のAPIイベントに対して強化しました。これで、サードパーティのアプリケーションが承認を要求する時期、テナントのアプリステータスが更新された時期、およびアプリのサブスクリプションのステータスが更新された時期を知ることができます。
  • サンプルコードは、Amazon Connect製品でコールコントロールを有効にするために利用できます。
  • WebSocketのリアルタイムサポートを追加したので、さまざまなイベントタイプをアプリケーションにストリームすることができます。
  • TWAレポートデータはAPI形式で提供されるようになったので、製品にノイズエクスポージャーレポートを追加することができます。
 
解決された問題:
  • JSONのみをサポートするために使用されるAPIを報告します。アプリケーション/ hal + jsonメディアタイプのサポートを追加して、ページを区切ってハイパーリンクを含むレスポンスをよりよくサポートしました。
  • Plantronics Manager Proは、許可されたアプリケーションの数を誤って報告することがありましたが、アプリケーションの1つをクリックした後、アプリケーションの数が変更されました。
  • コールサマリーAPIを使用すると、ProductIDが空になることがあります。
  • Plantronics Manager Proで承認されたアプリケーションは、引き続き保留中と表示されます。
  • 私たちはLinkQualityアルゴリズムを調整してより効率的に実行し、応答時間を改善しました。

2017年12月12日:Open Data Access API 3.10.2メンテナンスリリース
 
新着情報
  • 認可されたアプリケーションをPlantronics Manager Proのアプリケーションページに表示する手段を提供します。 テナントの管理者は、これらのアプリケーションを承認することを選択できます。
 
解決済みの問題
  • アプリケーションが承認されると、ページが更新されるまで承認リストに保留中として表示されます。
2017年9月25日:Plantronics ManagerおよびPlantronics Manager Pro 3.10.1メンテナンスリリース
新着情報
  • Asset Analysis API:デバイスがゼロのホストを照会する機能が追加されました(Device Distribution)
解決済みの問題
  • Plantronics開発者接続(APIオープンデータアクセス)
  • muteusageLevelに空の値を渡すと、400エラーがスローされます。
  • アンサブスクライブされたスイートからAPIにアクセスしようとすると、スイート未契約ではなく「OK」の応答が返されます
  • 「その他の製造元」デバイスの検出日はAPIでは使用できません。
  • 会話分析APIを更新してページ数を10に制限し、日付順、最近の最初の
既知の問題点
  • PDC | API:すべてのパーセンテージでゼロを示すコールサマリーAPI

< Previous 10 | Next 10 >()

フィルター: