Plantronics + Polycom。両社は1つに: ロゴ

ショッピングカート

製品 数量 価格 小計
カート小計

Plantronics Spokes/Hub Avaya one-X Communicator と既知の問題 :Avaya ブリッジラインアピアランスがオフフック状態にすると、 Spokes/Hub アクティブコールの保留中に

記事ID :
000010480
問題
この問題の Avaya one-X Communicator ブリッジ内線番号の機能に関連して、内線コールを発呼できるように、被呼者別の内線番号から発信されたように表示されている。 ユーザーが設定されているセカンダリ、ブリッジでは、ラインアピアランス Avaya one-X Communicator クライアント ] をクリックします。 この二次の拡張子が表示されるのは着信または発信コールの通知を提供します。 ユーザーが one-X Communicator でアクティブコール中に、ブリッジラインアピアランスがオフフック状態にいる場合は、現在の通話が Spokes/Hub で保留中に自動的に配置されます。 ユーザーは手動で、通話を保留中の会話を復元するにはする必要があります。 この問題は、 Spokes/Hub インストールされていると発生します。
原因
Avaya one-X Communicator のアプリケーションプログラミングインターフェイス (API) では、 Spokes/Hub を許可するメカニズムを提供していませんから 1 つのブリッジコールを区別するには元のプライマリ拡張子です。
回避策 / 解決法
[ なし ] をクリックします。 この問題は、将来のリリースで解決される可能性があり、保留中の API の改善によって Avaya します。
影響を受けるオペレーティングシステム (S)
Windows のすべてのバージョン
影響を受けるソフトウェアアプリケーション (s)
Spokes 、 Hub 、 Avaya one-X Communicator のすべてのバージョン
影響を受けるハードウェア
すべての Plantronics Spokes と Hub でサポートされているデバイスをします。
発生した日
2012 年 9 月 19 日

< Previous 10 | Next 10 >()

フィルター: